© 2017-2019 Serina Nakajima

挨拶

椎葉 大翼

 舟で都市から都市へと移動する方法、つまり「河川舟運(かせんしゅううん)」はかつては陸路を渡るよりもメジャーな交通手段であり(ヴェネツィアやアムステルダムでは現在でも主流です)、そこには多数の人々の往き来があり、沢山のドラマが産まれたことは想像に難くありません。船頭が櫂を操りながら歌う「舟歌」も水運文化が残したものだと言えます。

 「水の国」を舞台として様々な物語が繰り広げられるアドベンチャーゲーム「From_.(フロム)」でもやはり移動手段は舟であり、その音楽のひとつとしてピアノのための「舟歌」という曲を作曲しています。この「From_.」の音楽を皮切りにピアノ独奏のために作曲していった「ネコの絵描きさん」「World for Two」「サリーの法則 for Nintendo Switch」などの音楽を楽しんでいただけるのが今回のコンサートであり、椎葉にとっての「個展」でもあります。

 先掲のゲーム達は音楽がピアノ曲である、という点に加えてもうひとつ共通点がありまして、それは全て関西のクライアントさん達によって作られた作品(順に大阪、京都、神戸、京都)でもある、ということです。2018年7月に同じ内容の公演を東京で既に開催しており、いつか関西でも…と考えていたところ、お世話になっているroom6さん・ポラリスエックスさんの特別協賛、セブンスランクさん、Nukeninさんの協賛を得て今回のいわば「巡回展」が実現する運びとなりました。なお、開催する2019年11月にはFrom_.のリリース2周年を迎えます。

 演奏はもちろん東京公演と同じくピアニストの四條智恵さんが担います。大人の雰囲気が漂う京都岡崎・NAM HALL(ナムホール)にて優雅でかつトークを交えたリラックスできるひとときを皆様と共に過ごすことができればと考えております。

 音楽の舟旅へ、皆様を再びご案内いたします。

(しいば・だいすけ 作曲家)

特別協賛

株式会社 room6

room6ロゴ白.png

株式会社 ポラリスエックス

polaris-x_rogo_bear_white.png

協賛

株式会社 セブンスランク

セブンスランクロゴマーク白.png

Nukenin合同会社

logo_nukenin_2.png